テーマ:熊本市内観光

熊本へ 最終回 「重要文化財 不開門・長塀」

古くから丑寅(東北)の方角は鬼門と呼ばれ、不浄の気の出入りする所と考えられて来ました。 築城に当たってもこの方角は塞いでも、開け放ってもいけないとされ、門は作るが、通常は閉鎖されていました。 そこから不開門と呼ばれ、死人や不浄物の搬出時にだけ使用されていました。 この門は両側の石垣の上に櫓を渡しかけてその下が門となった櫓門で、要衝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熊本へ 10 「熊本城 重要文化財 平櫓」

熊本城築城当時、櫓49、櫓門18、城門29がそびえていたが、明治10年(1877)西南戦争勃発直前の火災により大半が消失。 現在熊本城には焼失をまぬがれた13の建造物があり、国の重要文化財に指定されている。 櫓は武器、武具などの倉として使用され、戦時には兵の駐屯所にもあたられた。 まずは、源之進櫓・四間櫓・十四間櫓・七間櫓・田…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熊本へ 9 「熊本城 井戸・天守閣・石垣」

加藤清正は幾多の実践経験から籠城の際に備えて城内に120の井戸を掘ったと言われており、清正の周到な注意(配慮)が伺える。 城内には17の井戸が現存しているそうです。 さて、いよいよ天守閣です。 お城の美しさの一つに石垣の曲線美があります。 あの曲線なんともいえない美しさだと思いません? もちろん敵の侵入…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

熊本へ 8 「いざ!熊本城へ先ずは外堀から、首掛石、重文 宇土櫓」

さて、市内をうろうろしまたが、いよいよ本命の熊本城へといざ参らん・・・・・ お城は天守閣がメインのようですが、実はお堀の方が重要なんですね。なんたって敵が攻めて来た時の為のものですからね。 しかし、実際に行ってみてビックリでした。まさか・・・・こんなに・・・・広くて大きいとは。 どこから入るか考えましたが熊本大神宮から不開門(あか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熊本へ 7 「宮本武蔵旧居跡・熊本大神宮・横井小楠と維新群像」

一見なんの変哲もない場所ですが、ここが寛永17年(1640)今から370年前、肥後藩主細川忠利の招きにより小倉から客分として十七人淵扶持、300石を受け熊本に来た宮本武蔵が晩年を過ごした居跡のあった場所のようです。 NHK熊本放送センター玄関脇には今も武蔵が使っていた井戸が残されていました。 「五輪書」「独行道」などを著し、書画の才…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熊本へ 6 「夏目漱石旧居(第五の家)と横井小楠生誕地と「清正公井」」

夏目漱石は熊本在住中、六カ所の家を転々としましたがこの家が最も長く明治31年7月から33年まで1年8ヶ月住んでいました。 長女筆子はこの家で生まれ「安々と海鼠の如き子を生めり」という句があります。 また小説「二百十日」の素材となった阿蘇旅行もこの家にいた時の事と言われているそうです。 この漱石が住んでいたすぐ裏手が横井…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熊本へ 5 「夏目漱石第三の家と洋学校牧師館」

水前寺公園を出てすぐ横にある夏目漱石第三の家に向かいました。 もともとは現在の新屋敷一丁目にあったものを移築、夏目漱石は第五高等学校教授として明治29年4月から明治33年7月までの4年3ヶ月を熊本で過ごし、この第三の家には明治30年9月~明治31年3月までの7ヶ月間住んでいたそうです。 「智に働けば角が立つ。情けに棹させば流され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熊本へ 4 「水前寺成趣園」

夕べの暴飲暴食がたたり、朝からかなり調子が悪い(><) 朝食も半分しか食べられないし、お腹痛いし・・・・・ 今日は帰るんですが、最後だから市内を観光してから帰ろうと夕方の飛行機を予約しました。 何とかホテルをチェックアウトして先ずは水前寺成趣園(通称水前寺公園)に向かいました。 凡そ370年前、細川忠利公(初…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熊本へ 3 「味千ラーメンを食べました」

本人はしっかりしているつもりでもかなり酔っぱらって熊本の繁華街をうろうろ。う~んどこに入ろうか、おねえちゃんのお店ってなんか初めてだと妙な緊張感ありません?特に1人だと。なんかぼったくりバーにでも入り込んじゃまずいしね。 キョロキョロしていたら「味千ラーメン」が・・・・ おお!ここにもあったのね。旨いと聞いていたから明日ホテルの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熊本へ 2 「夜の街へ」

前回は慌ただしく熊本から帰って来ましたが、今回は不謹慎なようですが翌日が土曜日で会社も休みだし、熊本を訪れる機会もそうは無いので夜の街を徘徊してみることにしました。 熊本駅に近い繁華街です。 上通り、下通りの大きな通りがあって、その両側に枝分かれするように繁華街が広がっていました。 その中の一軒にふら~と1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熊本へ

身内に不幸が出来まして熊本に行って来ました。 行きは車に同乗させてもらいましたが、山登りに出かけるのに夜討ち朝駆け、車中泊には慣れているつもりでもやっぱり熊本まで1,100キロ以上の距離はかなり遠いです。 しかも、京都も大阪も神戸も広島も全部通過するだけ。ほとんど夜で景色は見えませんでした。 琵琶湖近く、大津SAで休憩と食事。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more